本出版ガイド

本出版の方法 持ち込み商業出版 自費出版 どれくらい儲かるのか?出版社の情報から書き方までまとめました!

*

自費出版を扱っている出版社一覧まとめリスト

Pocket

4af80d869c9ad885dc9b943bf814adb2_s

●自費出版を扱っている出版社まとめ:

文芸社 東京都新宿区新宿

自費出版社の中では最も有名な会社です。

自費出版とはいえ書店や取次に流通してくれる形で出版してくれるケースが多いのが文芸社の特徴。

即担当者が付き、アドバイスを貰いながら進められるのも大きなメリットです。

 

その結果有名になった本には「リアル鬼ごっこ」や「B型 自分の説明書」などがあります。最もお勧めできる出版社です。

なお、文芸社は依頼すれば「出版案内資料」というパンフレットを送付してくれます。

こちらは文芸社の資料請求ページで無料で入手可能です。

出版のノウハウを無料でざっくり把握出来る上、出版社の方の考え方を知ることが出来る貴重な資料ですし、いずれにせよ資料請求だけなら無料なので、取り寄せの上、一読しておくことをお勧めします。

・パレードブックス(元ビープレス) 大阪府大阪市北区:

「ビープレス」がパレードブックスに名前を変更されています。

無料相談やセミナーもありますので、こういった場で出版社の方と話す機会を得るのもオススメです。

・西田書店 東京都千代田区:

西田書店は「出版の意味を著者とともに考える」という非常に味のある出版社です。

HP内にとても詳しいQ&Aがありますので、ぜひ参考にされてください。

・東京図書出版 長野県茅野市:

東京図書出版の本社は長野県茅野市ですが、出版事業部は東京文京区。

 

随筆、評論、ノンフィクション、小説、詩集、句集、歌集、写真集、画集、絵本、自分史、歴史、教育、学参、実用、理工学、医学、ジャンルを問わず応募を受け付けています。

 

審査結果は2〜3週間のようです。

 

共同出版・企画出版・個人出版あり。

・風詠社 大阪市福島区:

詩・歌・句集、小説、エッセイ、体験記、旅行記、画集、写真集、絵本、自分史、追悼集、企業・団体の記念誌など、特にジャンルは問わないようです。

 

風詠社から出された本が過去に日本自費出版文化賞に入選しています。

 

電子書籍の取り扱いもあり、委託配本型、注文配本型、私家本、電子出版などのサンプルもあります。出版行程の情報や書店流通についての詳しい説明もサイト上にあります。

新潮社 (自費出版部門) 東京都新宿区:

「週刊新潮」や「ニコプチ」など有名な雑誌も発行している新潮社。
自費出版部門があります。

・誠文堂新光社 東京都文京区:

誠文堂新光社は創立から100年を超える歴史のある出版社なので、安心してオーダーメイド出版(自費出版)をお任せできる出版社です。

青山ライフ出版 東京都港区:

自費出版の青山ライフ出版の公式ホームページでは、「書店流通」「インターネット書店(アマゾン販売タイプ)「プライベートタイプ」など、自費出版プランがわかりやすく自費出版に関する情報が多く記載されています。

 

価格表や自費出版入門のマニュアルなども載っていますので「自費出版するには…」という地点に立っている人には、非常に役に立つ情報が多いです。

・自費出版の森 岡山県岡山市

専用執筆アプリを使用してとても手軽に自費出版を行えるサービスです。

電子書籍版もあります。

 

費用や金額面が予算内で収まりさえすれば、気軽に試すことができる楽しさがあります。新たな出版サービスです。

・自費出版の会 東京都新宿区

わかりやすい費用で少部数から本が制作できるという点が特徴。

 

書店流通を目的としているというよりは、プライベートな私家本向けのようです。

●その他:

・海苑社(埼玉にあった出版社)

倒産済みのようです・・・。

 - 自費出版のノウハウ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。