本出版ガイド

本出版の方法 持ち込み商業出版 自費出版 どれくらい儲かるのか?出版社の情報から書き方までまとめました!

*

1冊の本にはどれくらいの文字数が必要か?

Pocket

375839cd5e91ead7c78eee7271ac12b0_s

出版社によって規定はまちまち。

 

例えば原稿の募集要項では、400字詰めの原稿用紙で200〜300枚とされていることが大半です。

(※これも下限は100枚〜受け付けているところもあるので、本当に何とも言えないところではあります)

この一般的な数字を単純計算すると、

400×200(あるいは300)=80000〜120000

原稿を応募するというだけでも、最低でも8万字、最高でも12万字以内が「自分の書きたいこと」を収める必要があるということです。

各社の募集要項一つとってみても、出版社によって少し規定が変わっています。

例えば講談社の「講談社ノベルス・講談社BOX

(ミステリー・ファンタジー・SFなどエンタテインメント作品を募集)

こちらの原稿の募集要項を見ると、40字×40行が1枚の規定とされており、枚数は85〜180枚と定められています。

40×40=1600・・・原稿用紙1枚分の文字数

1600×85(もしくは180)=136,000〜288,000

最低が13万字を超えていますので、ちょっと気が遠くなってしまいそうなくらいに膨大な数字ですね。

テーマがエンタテイメント作品ということなので、相当な長編でも応募が可能であるというケースが想定された数字ではないかなと思います。

ストーリー展開に富んだファンタジー作品などは、ボリュームとしても大作のことが多いですよね。

ただ、当サイトにこられている方の多くは、おそらくはいきなり大長編にチャレンジしよう、と思っていないと思いますので、最初からこんなにたくさんの量を書けなくても大丈夫です。

文章を書く際には、全体量よりは、「わかりやすさ」を心がけていただいた方がいいと思います。

実際に、ジャンルと出版社によって差がありますので、必要とされている文字数はこれくらいだ、ということは実は難しいのです。

文庫で300ページ前後だとすると約18万字

もう少しシンプルに考えてみましょう。

同じ「文庫」や「新書」というサイズだとしても、ぱっと見は同じように見えて、各出版社によって1ページ内の行数や字数が微妙に異なっているため、総字数は同じではありません。

ですので、おおよそ、の話になってしまいますが、例えばビジネス書でも多く見かける新書の場合、大抵は1ページ内の文字数は600〜700くらいです。

そして実際に出版される本も、200ページのものが多いでしょう。

新書の場合・・・

600〜700(1ページ内の文字数)×200=120,000〜140,000

文庫の場合は、1ページが約600文字前後。

実際に出版されるページ数は200〜300のものが多いので、

文庫の場合・・・

600(1ページ内の文字数)×200〜300=120,000〜180,000

12万字〜18万字と言われると、これもまた気が遠くなりそうな数字ですね。

出版社やジャンルによって1ページ内に収まっている文字数が違うので一概には言えませんが、近年では1ページ内の文字数は少なくなっている傾向にあるような気もします。

また、特にビジネス書においてはどれほど図表がグラフが入るかによって、必要とされる文字数がかなり変わってもきます。

ただ、いずれにせよ、「1冊の本を出帆するためには10万字以上を書きあげる」というのは必要な能力のようです。

10万字を逆算すると、400字詰め原稿用紙250枚。

本を出版しようとした場合には、これが最低限必要とされている量です。

無駄に長くなる、というのも決して好まれる傾向ではありませんが、ある程度の文章量を書ける能力は少しずつ養っておきましょう。

 

 - 8章 - 本出版にまつわるQ&A