本出版ガイド

本出版の方法 持ち込み商業出版 自費出版 どれくらい儲かるのか?出版社の情報から書き方までまとめました!

kindle出版代行リストまとめました!おすすめの出版代行と申込む前の注意点も解説!

Pocket

kindleで書籍を出版したい方のために、Kindle出版代行会社のリストを作成しました。

(当サイトでは一部アフィリエイト広告を使用しております)

 

kindle出版代行を選ぶポイント

kindle出版代行を選ぶポイントは以下の通りです。

〜おさえておきたいポイント〜

・サービス内容:出版代行によって大きく異なります。出版代行によっては販促サポートがある場合もあります。

・料金体系:相場は2万円前後ですが、10万円を超える場合もあるため注意が必要です。

・過去の実績:出版代行の過去実績は信頼の証です。トラブル回避のためにも事前に確認しておくべきでしょう。

・カスタマイズの可否:表紙デザインやKDPの登録などカスタマイズできれば、不要なコストを抑えられます。

・サポート体制:原稿の校正サポートや出版した後のアフターサポートもあると安心です。

 

kindle代行会社一覧リストまとめ

パブフル

kindle出版に慣れてない方におすすめ

価格もお手頃ながらデザイナーが表紙のアドバイスもしてくれる

初心者に困りがちなマーケティング面でも、HP作成や宣伝カードなどサポート充実

出版実績も1,000冊以上あり安心して出版できる実力派出版代行

価格:19,800円〜

→ご検討の方はこちらの公式サイトから

幻冬社ルネッサンス

言わずも知れた有名出版社

実力派編集者が在籍しているため、編集の力を借りながら書籍の質を上げられる点が魅力

費用がかかってもとにかく本の質をあげたい方におすすめ

価格:要問合せ

DIYマーケティングラボ

経営者やインフルエンサーなど発信力のある方におすすめ

オンラインサロンを提供する月額制の電子書籍代行

価格:月額19,800円〜

電子書籍出版代行サービス

定期出版プランもあり、ベテランの方にもおすすめの出版代行

表紙デザインを10種類以上の候補から選べる点も魅力

価格:21,000円〜

にしもと出版

競合との差別化を図りたい企業担当者などにおすすめ

権威性のある書籍やレビューの高い書籍を多数出版

価格:15万円〜

ココナラ

とにかくコストを抑えて出版した人におすすめ

電子書籍出版代行ではないが、個人で出版代行を行なっている人を探せる

クオリティはピンキリのため注意が必要

価格:5,000円〜

・kindle出版代行サービス

費用かかってもいいのでとにかく素早く出版したい人におすすめ

原稿を出すだけで最短4日でkindleで出版代行してくれる点が魅力

価格:49,500円〜

 

kindle出版代行を利用する注意点

kindle出版代行が決まった、さあはじめよう!

その前に少し待ってください。サービスを申し込む前に注意しておきたいポイントが3点あります。

①著作権は著者?出版代行?

基本的にkindle出版では著作権は著者にあるケースがほとんどです。

しかし稀に出版代行に著作権がある場合があります。

著作権が出版代行に移ると、印税収入が出版代行に取られることになり、将来的にトラブルになる可能性が高いです。

不要なトラブルを避けるためにも、契約書に「著作権は出版代行にある」といった内容がないか事前に確認しておきましょう。

②出版後のマーケティングサポートがあるか?

出版代行によっては出版後の広告や販促活動のサポートをしてくれる場合があります。

kindle出版初心者の方は特に、販促がうまくいかず書籍が売れないという壁にぶつかりがちです。

せっかく出版するならたくさんの人に読んでほしいですし、収入が増えたら嬉しいですよね。

とくにパブフルやDIYマーケティングラボなら販促サポートもありますから、気になる方は検討してみてください。

③返金ポリシーの確認

万が一、出版代行のサービスに納得がいかない場合、返金があれば嬉しいですよね。

サービス申し込み段階で、規約に返金ポリシーが書いてあるはずですから、必ず事前に確認するようにしましょう。

 

まとめ

kindle出版代行といっても様々な特徴があります。

また費用面でもかなり違いが出ますので、自分に合ったkindle出版代行を選んで出版しましょう。

本格的にkindle出版を検討するなら、以下の記事もご参考ください。

Kindle出版は儲かる?儲かる5つの理由と金額や月収をフェルミ推定してみました

 - kindle