本出版ガイド

本出版の方法 持ち込み商業出版 自費出版 どれくらい儲かるのか?出版社の情報から書き方までまとめました!

書籍が何冊以上売れたら大ヒットか。何万部からベストセラーか。【日本、世界のベストセラーまとめもご紹介】

Pocket

インターネットやテレビ、果ては書店でも「ヒット」「大ヒット」「ベストセラー」という言葉を良く耳にします。

こういう言葉を聞くと「おぉ〜この本は良く売れてるんだな」とは思いますが、同時に「それぞれどれくらい売れているのか良く分からない」と思ったことがある人もいるでしょう。

それでは、それぞれ何部程度売れている際に使う言葉なのかを調べてみました。

重版であればヒット!ベストセラーは10万部以上から

結論から言うと、一般的な書籍(新書・小説・ビジネス書・健康本などの一般書等)の場合、ヒットは数千部以上、大ヒットは2万部以上、ベストセラーは10万部以上が目安です。

いずれにせよ、それぞれ言葉の定義が決まっていないので、実態はそこまで売れていなくともこれらの言葉を使う方も多くいます。

以下説明していきます。

実はそれぞれの言葉に定義はない

実はそれぞれの言葉には明確な基準があるわけではありません。

「ヒット」「大ヒット」「ベストセラー」は発売元の宣伝文句ですので、発売した本をたくさん売りたい出版社や書店は、売れた部数に関係なくこれらの言葉を使っていることもあります。

やはり売れた本(話題になっている本、多くの人が買っている本)は多くの人が読みたがる習性がありますので、ある程度仕方ないことなのかもしれません。

ヒットとは?一般的には重版になったらヒット

実は本によってヒットの部数は違います。

書籍の初版発行部数は通常、出版社の規模にもよりますが、小さい出版社であれば2,000-3,000部程度、大きい出版社であれば5,000-10,000部程度が目安と言われています。

当然、出版社側としては、初版で出した本が全部売れた場合、確実に利益が出るように利益設定をしています。

その観点から言うと、重版が決まる(=追加で何千部、何万部を刷る)場合、出版社は追加で大きな利益を得られるわけです。

従って、重版が決まった時点で、ヒットとしたと言うことが多いです。

かなり売れた!」くらいのニュアンスで使っている言葉だと理解すると良いでしょう。

なお、ヒットになる部数は発売する本のジャンルに寄っても違います。

楽譜などはそこまで大きな部数は通常刷りませんし、ライトノベルのように大量に売れる本は5-10万部くらい売れてやっとヒット作と呼ばれているようです。

大ヒットとは?2万部以上から使われている様子

大ヒットに関してはあまりに各々が好き勝手使っているので、目安を伝えるのが非常に難しいですが、2万部以下で大ヒットという言葉を使うケースは余りお目にかかりません。

従ってだいたい2万部以上の発行部数からこの言葉を使うケースが発生するようです(5万部でも20万部でも300万部でもこの言葉を使う人がいます)

ベストセラーとは?10万冊以上の売り上げを誇る本を表す用語!

出版業界では10万冊以上をベストセラーと呼ぶ風潮にありますが、こちらも何冊以上がベストセラーと言う明確な定義はありません

人によっては著者のブランディングのため2-3万冊程度の売上でも「ベストセラー!」と大々的に広告する人もいます。

それだけ、このベストセラーという言葉にはパワーがあることが分かります。

ちなみに1冊1,000円の本を10万冊売り上げたとすると、印税が10%の場合は著者の収入は1,000万円の大台に届きます。

その意味で、10万冊というのは確かに良い目安なのかもしれません。

10万部以上売り上げているベストセラー作品にはどんなものがあるのか?

参考までに、売上数毎の本の例をまとめてみました。

売上数 この累計発行部数に到達する書籍が年間どの程度あるか 本のタイトル(記載がないものは1巻になります)
10万部〜 年間300冊程度 なぜ、あなたの仕事は終わらないのか?
もし村上春樹がインスタント焼きそばを作ったら?
「すぐやる人」と「やれない人」の習慣
屍人荘の殺人
青くて痛くて脆い
30万部〜 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
かがみの孤城
目は1分でよくなる!
最新「仕組み」仕事術
10年後の仕事図鑑
50万部〜 ゼロトレ
おらおらでひとりいぐも
家族という病
頭に来てもアホとは戦うな
ラプラスの魔女
100万部〜 年間数冊程度 漫画 君たちはどう生きるか
大往生
ホームレス中学生
「九十歳。何がめでたい」
謎解きはディナーのあとで
300万部〜 計30冊程度 五体不満足
バカの壁
脳内革命
日米会話手帳
500万部〜 計10冊程度 ワンピース(第1巻)
窓際のトットちゃん
道を開く
ハリー・ポッターと賢者の石(第1巻)

*記事更新時点(2019.2)

なお、より詳しくベストセラー本を調べたい場合は、取次会社のホームページを確認すると良いでしょう。

参考:年間ベストセラーアーカイブ

世界一売れている本はどれくらい売れているのか?

世界一売れている本は聖書です。

発売部数は60億部とも4000億部とも言われていますが、その発売開始が紀元前とあまりにも古いため実態の販売部数は未詳です。

他にも宗教関係の本は非常に出版部数が多いと言われています。

実際、コーランは8億部、エホバの証人の「神は私たちに何を求めていますか」は2億部とも言われています。

なお、販売部数の実態が明確な本の中で、世界中で1億部以上売れている単体の本はちなみに以下のようなものがあります。

ギネス世界記録、指輪物語、星の王子様、ハリー・ポッターと賢者の石、ドンキホーテ

正確な売り上げ部数を知ることはできるのか?

ヒット、大ヒット、ベストセラーという言葉のざっくりとした目安はここまで説明してきた通りです。

しかし、実際の売り上げ部数が少なくとも、自分の本をよく見せようとこれらの言葉を使う人もいるのもまた事実。

実際にどれくらい売れたかはヒット、大ヒット、ベストセラーという言葉を見ても確認することは出来ません。

では、正確な売り上げ部数を知るにはどうしたら良いのでしょうか。

実は、正確な売り上げ部数を知る方法は、出版社または著者に聞く以外の方法がありません

売り上げ部数は出版社と著者しか知り得ない情報だからです(そのため、外部の売り上げランキングは「推定xx部」という書き方をしています)

大きく見せたい出版社は「著者のプライバシーが・・・」などと言って教えてくれない可能性が大きいと思いますし、著者も同様でしょうから、正確な売り上げ部数を知るのはほぼ不可能だというのが実際のところです。

 - 出版Q&A・コラム , ,