本出版ガイド

本出版の方法 持ち込み商業出版 自費出版 どれくらい儲かるのか?出版社の情報から書き方までまとめました!

自費出版のデメリットとは?詐欺やトラブルリスクを把握して不安を解消!

Pocket

安心して出版を行うために〜

商業出版と比較し、自費出版には様々なメリットがあります。

■自費出版の強み:

・出版のハードルが低い
・出版社の都合により本の内容に干渉されない
・収益がほぼ全て著者の取り分になる

出版自体がメリットが非常に大きいため、まずは自費出版を選ぶ著者の方々も多いです。

■出版するメリットの一例:

1.非常に希少な存在になれる(出版経験がある人が少ない)
2.就職活動時や営業時に大きな武器になる
3.専門的な知識と論理力が身に付く
4.自信を得ることが出来る
5.印税を得ることが出来る
6.親孝行になる

しかしながら、出版に関する知識に著者が疎いことに浸け込み、悪徳商法や詐欺を行う悪質な出版社も存在するようです。

その事例や対策方法を知ることで、リスクを回避出来る認識を得、出版に向けた不安を解消して頂くために以下の文章を書きました。

自費出版と共同出版の違い

特に詐欺の被害報告が多いのが共同出版です。

共同出版は自費出版と非常に似ているのですが、その違いは費用負担の対象です。

■自費出版と共同出版の違い:
・自費出版の出版費用は著者が全額負担する

・共同出版の出版費用は出版社と著者で分割して負担する

自費出版」は制作費用は全額著者が負担し、その利益も基本的には全額著者の収益になります。

共同出版」は、制作費用を著者と出版社が共同で負担します。

印税(原稿料にあたるもの)は、初版では無し、増刷することになれば一定額を出版社が著者に支払う、といったケースが多いようです。

自費出版のトラブルは、実はこの共同出版のケースが多いです。

参考:出版社にあなたの本を出したいと思わせる方法

よく見られる共同出版の詐欺やトラブルの流れ

コンテスト」や「」「ビジネス公募」という煽り文句をつけて原稿応募を行っている出版社は多数存在しています。

多くの場合、賞の受賞者への特典は「出版にかかる費用を出版社が半分負担してくれる」等です。

このため「自費出版より安い!」と安易に出版を決めてしまいがちですが、まさにそれが落とし穴です。

結局契約内容次第なので、出版社は費用を負担する代わりに様々なところで経費を節約しようとする場合もあるようです。

その結果、出版が遅れたり、書店に販売されていても目立たない棚の隅に配置されていたり、そもそも倉庫に置かれていて販売されていない場合もあります。

当然契約書に「いつまでに出版する」「どこの書店のどの棚に配置する」等取り決めていれば良いのですが、そこまで詰めて契約をしていないと、出版社側の裁量で著者側が不都合を押し付けられてしまう事もあります。

更に余った在庫は著者の買取となるケースもあり、ここで不満を爆発させた著者がインターネットに口コミを記載し、出版社の悪い評判が広まる、というパターンが良くある流れです。

従って、上記のようなことにならないように、しっかり契約書を読み込み、修正すべきところは修正依頼をしていくべきなのです。

しかしながら実際のところ、契約に疎く賞の受賞で浮かれている著者はよく契約書を確認もせず捺印してしまう事もあるようです。

参考:1冊だけで出版するのはありなのか?

実際の被害例:新風舍のケース

■自費出版で「夢を奪われた」 著者が新風舎を提訴

自費出版の大手・新風舎と自著の出版契約を同社と結んでいた4人は2007年7月4日、虚偽の説明を受けて出版費用を騙し取られたとして、新風舎を相手取り、合計約763万円の損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に起こした。

訴状によれば、広告で「出版された書籍は、全国各地の書店で販売する体制を整えている」などと表現し、出版契約すれば全国の書店の店頭で販売されると信じ込ませた上、1冊も店頭に陳列されない可能性があるにもかかわらず、故意にこうした事実を告げず、「書籍が書店の店頭に陳列される」と誤信させた、としている。

実際、500部(50部は著者分)出版した原告の場合は、出版の約2ヵ月後時点で、12店舗に28冊しか陳列されず、800部(100部は著者分)出版した別の原告の場合は、出版の約1ヵ月後時点で10店舗に44冊しか陳列されていなかった。さらに、書籍は新風舎の直営店に陳列されるだけで、広告掲載のほかは、書店に一方的に紹介文・ファックスを送り続けるだけの営業活動しかしていなかった、と指摘している。

引用元:J_CAST_NEWS

新風舎は自費出版や共同出版をメインに展開していた出版社ですが、この記事はこの出版社で実際に被害に合われた方の事例です。

新風舎では共同出版の盛行により飛躍的に出版点数が伸び、2005年には出版点数で業界一位となるなど多数の書籍を発行するようになっていましたが、それと同時に著者とのトラブルも増加しました。

その結果多数の著者からの苦情、訴訟問題が発生、2008年には経営破綻しています。

このケースは間違いなく新風舎が故意に誤認誘導を図った悪質な事例ですが、契約書上で「最低どのくらいの期間どの書店でどの位置に陳列されるか」を明確に記載させていれば起こり得なかった問題で、著者側がしっかり契約書を詰めていれば回避出来たとも言えます。

分かりやすい事例として出版社が一方的に悪い事例を上げましたが、多くの場合詐欺というより相互誤認の結果発生したトラブルだったりします。

参考:出版をするにあたって知っておいた方がいい用語集〜出版社社員が使う用語を片っ端から説明します

トラブルリスクを把握し詐欺や事故を避けるために

ではこれらトラブルを避けるためにどうすればよいのでしょうか?

対策としては下記4点をしっかり確認すれば良いでしょう。

■確認すべき4点:
①出版社側からあなたの著作への評価
②見積もり金額
③出版社の評判
④契約書の内容

①出版社側からあなたの著作への評価

自分の著作に対して明らかに過剰な評価をしてきた場合、出版社は不当な共同出版を目論んでいる可能性があります。

出版社側からの書籍の評価が本当に正当な評価であるかどうかを、一度考えてみるようにしてください。

周囲の友人にも自らの著作を読んでもらい、出版社側からの評価と近しい評価を貰えるかなど、その妥当性を検証してみることは重要です。

参考:自費出版でベストセラーとなった成功例集!売れた本・人気本の参考事例まとめリスト

②見積もり金額

見積金額が明らかに高い場合は要注意です。

自費出版や共同出版にかかる適切な費用の相場(予算感)は下記のページにて纏めましたので参照してみてください。

参考:自費出版の費用はいくらかかるのか。各社比較から予算の適正相場や目安を把握しよう!

また、他の出版社でも相見積もりを取ってみることも重要です。

文芸社パレードブックスのように出版の相談会を開いている出版社もありますので、打診を受けた共同出版の見積額が適切かを相談してみるなどしても良いかもしれません。

③出版社の評判について

実際に契約をする前に出版社の評判を調べてみる事も重要です。

ただし単純に「出版社名 x 評判」「出版社名 x 口コミ」と検索してその結果を盲信するのも考えものです。

なぜなら、基本的に人間の性質として、わざわざ評判や口コミを書くのは非常に満足している時と不満な時に限られるからです。(Amazonの各商品の評価を見ても、星1と星5に評価が集中していますが、同じ理由です)

従って、悪い口コミしか出てこない場合は考えものですが、良い口コミに加え悪い口コミも多いというのは、それだけ出版の実績が多いということでもあります。

従ってこの観点からは、以下を気をつけるようにしてください。

■気をつけるべき3箇条:
1. 口コミがない出版社には特に注意する(実績不足)
2. 悪い口コミしかない出版社は避ける
3. 良い口コミも悪い口コミもある出版社は逆にオススメ。ただしその事例をしっかり読み込むべし。

当サイトでも出版体験談を掲載しておりますので、是非参考にしてください。

また、多くの出版社を調べてきた当サイトのオススメ出版社で本を出すのも一つの手です。

参考:自費出版をする出版社はどうやって決めたら良いのか?自費出版先の選び方とおすすめの出版社まとめ

④契約書の内容

企業勤めで法務や営業の方々は契約書に慣れているかもしれませんが、そうでなければ契約書というもの自体に馴染みがないかもしれません。

その場合、その場で契約はせず、一度契約書のドラフトを持ち帰り、第三者に一度レビューをしてもらい、起こりうる潜在的リスクを把握するようにしましょう。(ビジネスレベルの論理力を持った人、ないしは法律を知っている人がオススメ)

これだけでかなりの不安を排除し、大幅にリスクを減らすことができます。

おそらく、これが一番重要な項目です。

リスクを把握することでトラブルは回避できる!安心して理想の出版活動を〜

インターネット上では詐欺出版社に対する一方的な非難が多いですが、「契約」を交わしている以上、著者側もしっかりリスクを認識する必要があります

とはいえ出版ど素人に対して、出版のプロが詐欺を仕掛けてくるとなると回避も難しいことでしょう。

このような悪質出版社は少ないとは言え、その事例はゼロではないことも事実。

このようなトラブルは、出版に関する知識をつけ、契約に対して注意を払えばしっかりと回避出来ます。

トラブルに巻き込まれる可能性を低くし、不安なく出版活動が出来るよう、本記事にて記載した最低限のリスク管理は行うようにしましょう。

参考:本は1年間にどれくらい売れているのか?出版をしたことがある人はどれくらいいるのか?

 - 出版Q&A・コラム , , ,