本出版ガイド

本出版の方法 持ち込み商業出版 自費出版 どれくらい儲かるのか?出版社の情報から書き方までまとめました!

執筆出版ノウハウ集

実際に出版した本は書店でどのように陳列されるのか?「棚差し」「平置き」とは?

実際に本はどんな風に売られていくのか? 実際に書店に配本された本はどのようにして …

出版後の営業・マーケティングはどうするの?

出版化を希望するなら大手がいい? 小学館、講談社、集英社…… 誰でも知っているよ …

出版後の本の流通ルートまとめ

出版後の本の動き; 著者の手を離れて世に出版された本は、一般的には以下のような流 …

企画書と原稿、どちらを先に書けば効率的か?

企画書と原稿、どちらから書けばいいの? 出版希望者は企画書と原稿、どちらから書く …

執筆作業にはテキストエディタを活用してみよう

執筆に便利なテキストエディタ こちらの記事でワープロソフトのword、一太郎、そ …

執筆作業にオススメのソフトウェア

原稿を書くために、必要になってくるもの。 「本」は、頭の中にあるものをアウトプッ …

執筆時に注意すべき「著作権」と「引用」に関する基本知識

執筆していく上でのルールを知りましょう 実際に本を書く、という段階になったときの …

出版社が採用したくなる企画書⑤ストーリー展開を意識する

筋道の中に「ストーリー」を意識するとぐっとよくなる。 全体の構成案(目次)を作成 …

読み手が理解しやすいように文章の筋道、順番を考えて構成案を作ることの重要性

アウトプットの作業としてもとても重要な「目次作り」(全体の構成案)。 第一章、第 …

出版社の目に留まり採用される企画書に共通する「目次の構成」と作り方を教えます

目次とは「全体の構成案」のこと。 出版における「目次」というのは、「全体の構成案 …

目次の書き方次第で、あなたの企画書を出版社が採用してくれるかどうかが変わります。

目次の基本は「わかりやすく」「的確に」書くこと。 「出版社が思わず採用したくなる …

出版社へのアプローチ⑤ 他の企画書と差を付けよう!

伝えたいことがあれば企画書にドンドン追加していきましょう。 企画書では「趣旨(伝 …

出版社へのアプローチ④ 企画書を作成する

企画書の中で一番に重要なものは「趣旨(伝えたいこと)」 出版社へのアプローチ① …

出版社へのアプローチ③ 企画書を応募する

「企画書」とは何なのか: 「出版社へ応募」「出版社へ持ち込み」と言われると、つい …

出版社へのアプローチ② 原稿の形式はどうする?持ち込む際は持参の方が良いの?

原稿のルールは?: 基本的に、原稿の形にはルールはありません。 守らなければなら …

出版社へのアプローチ① 原稿を応募する

原稿を応募してみよう アウトプットとインプットを繰り返し、「書きたいもの」が明確 …

執筆作業に重要なアウトプットの3つのコツ 〜ストーリーテリングという手法〜

アウトプットは難しい。でも、コツはある。 インプットの大切さ、そしてアウトプット …

出版志望者のための具体的な文章の書き方:アウトプットの技術

さあ、アウトプットしましょう! アイデアの練り方の記事で、「とにかくインプットを …

本を書くためのアイデアの練り方の基本を教えます

あなたが書きたいものは何ですか? まずは作家デビューを目指して、アイデアを練って …