本出版ガイド

本出版の方法 持ち込み商業出版 自費出版 どれくらい儲かるのか?出版社の情報から書き方までまとめました!

【出版社情報】パレードブックスの特徴と評判、その傾向(メリットとデメリット)

Pocket

パレードブックスとは?

正式名称 株式会社パレード
本社所在地 大阪府大阪市北区
強いジャンル エッセイ本
代表作 「僕たちは世界を変えることができない。」「人生を100倍楽しくする魔法の生き方」など

*画像は公式サイトより引用

デザインセンスに優れた自費出版専門の出版社

パレードブックス自費出版専門の出版社です。

パレードブックスは母体がデザイン制作会社であることから、本のデザインが優れていることが特徴です。

有名な本には、向井理主演で映画化された「僕たちは世界を変えることができない。」などがあります。

阿部寛やリリーフランキー、松坂桃李など豪華俳優陣が出演していることでも話題となりました。

パレードブックスではオールジャンルの本が出版されていますが、傾向としては日常生活に根ざした、生活観や人生観を綴ったエッセイの出版が多いことが特徴です。

例として、犬のしつけについての本である「こころのワクチン」や、美味しい紅茶の淹れ方を書いた「和紅茶の本」 、有名人気ブロガーが書いた「人生を100倍楽しくする魔法の生き方」などがあります。

参考:パレードブックス公式サイト>>

パレードブックスの出版とその特徴

パレードブックスの強みをまとめると、以下の通りです。

■パレードブックスの強み:
(1)高いデザインのクオリティ
(2)初稿提出後1年間修正回数無制限
(3)一目瞭然の価格形態
(4)初めての出版も安心の万全サポート
(5)本の売上は実質100%還元
(6)高い顧客のリピーター率

この中でも、そのデザインセンスに裏打ちされた、書店での手にとってもらいやすさが他社に真似できない特筆すべき点です。

いかに素晴らしい内容の本を出版しても、読者に手に取ってもらえなければ、その良さが世に出ることはありません。

そんな中、デザイン制作会社を母体とするパレートブックスの本は、所属するプロのデザイナーの手によってデザインがなされます。

実際、多くの自費出版本は大きく売れるか全く売れないかに二極化している中、パレードブックスの本は安定して売れている作品が多いです。

自費出版をする上で特別価格的に安い出版社ではないですが(業界平均くらいかと思います)、その本の完成度の高さから本の売れ行きも良く、実際に出版した著者がリピーターになることも多いパレードブックス。

せっかく本を出すのだから、こだわって最高の本を出したい!」という方におすすめ出来る出版社です。

■パレードブックスから入手出来る資料:

*表紙デザインバリエーション冊子など、書店で手に取ってもらえるデザインを検討する上で役に立つ資料でした。

 

書店で目を惹き、手に取って貰えなければ、どんなに内容が良い本でも読まれることはありません。

 

デザインの勉強にもなりますので、出版を検討されているのであれば是非入手しましょう。

パレートブックスの出版案内は公式サイトより無料で取り寄せ可能です。

興味がある方はまずは出版資料を取り寄せてみて、あなたの思い通りのセンスの良い本を出せそうかを一度検討してみることをお勧めします。

 - 各出版社情報, パレードブックスー体験談 ,