本出版ガイド

本出版の方法 持ち込み商業出版 自費出版 どれくらい儲かるのか?出版社の情報から書き方までまとめました!

【出版社情報】新潮社の出版の特徴と評判、その傾向(メリットとデメリット)

Pocket

新潮社とは?

正式名称 株式会社新潮社
本社所在地 東京都新宿区
強いジャンル 小説、雑誌、コミック、エッセイなど
代表作 ノースライト、週刊新潮、わたし定時で帰ります、母を亡くしたとき僕は遺骨を食べたいと思った、など

*画像は公式サイトより引用

深く考えさせられる奥深い作品が多い新潮社

株式会社新潮社は新宿区の神楽坂に位置する出版社です。

新潮社の出版作品の特徴として、人間の感情を緻密に描いた作品や読者の心に訴えかけてくる作品が多いことが挙げられます。

このような作品が多いことから、比較的高めの年齢層の読者が多い様です。

また本のジャンルという観点ではエッセイの出版に強みを持っています。実際、筆者の体験談をよりリアルに感じることのできる作品が多数あります。

有名エッセイの例としては、直木三十五賞受賞作品である朝井リョウの何者などがあります。

他にも、映画化された「母を亡くしたとき僕は遺骨を食べたいと思った」も新潮社から出版されたコミックですが、まるでエッセイを読んでいるかのような展開をする作品です。

このような作品が作品が多いのも、新潮社ならではと言えるかもしれません。

新潮社の出版とその特徴

新潮社の作品は、前述の通りに人間ドラマが多い傾向があります。

つまり、人々に感銘を与える作品が多いです。

やはり心に響く作品は口コミなどで広まりやすく、またドラマ化や映画化をしやすいという特徴もありますので、結果として他の出版社よりもドラマ化や映画化をされる作品が多いという特徴があります。

その分、出版における難易度は高いようですが、自分の作品を映画やドラマにしてほしいとの夢がある人は、努力して良い作品を書き上げ、新潮社で出版出来る様にコンタクトするというのも一つの手です。

新潮社のWebサイトからは自費出版の申し込みも可能になっておりますので、気になる方は是非一度確認してみてください。

 - 各出版社情報 ,