本出版ガイド

本出版の方法 持ち込み商業出版 自費出版 どれくらい儲かるのか?出版社の情報から書き方までまとめました!

パレードブックス(Parade books)でどちらかというと大人向けな絵本を出版した体験談

Pocket

知人が、自費出版して、自分もやりたくなりました。

インターネットで調べて、絵本ではパレードブックスの印象が良かったので、出版を決めました。

パレードブックスの編集者の方は、初めてお会いした時からずっと親切でした。

編集者の方に教えてもらったのですが、絵本というジャンルの本は、ゆっくりと右肩上がりに、販売数が増えるということを、初めて知りました。

たくさんの人に見てもらいたかったので、販売促進サイトをつくっていただきました。

今も本屋さんの端末で本の名前を打ち込むと、絵本の表紙がヒットします。

この広告宣伝費にはちょっとお金がかかりました。

ちなみに出版した本は二冊です。

「ウサギとかめさん」という本と「あいうえをん」という本です。

ウサギとかめさん Rabbit and Turtle (Parade books)
髙山千佳子
パレード (2017-11-30)
売り上げランキング: 2,296,619

絵本というジャンルにまつわるエピソード 〜

絵本というジャンルですが大人の方にも読んで欲しかったので、お子様向けにならないように工夫しました。

ちなみに一冊目の絵本にミスがありました。

この本は日本語と英語と中国語の三か国語の絵本なのですが、1ページ目から中国語にミスがありました。

私自身中国語をチェックできないので、パレードブックスさんに任せてしまったのは完全に私のミスでした。

その後絵本を回収し、新たに日本語と英語だけの絵本を出版しました。

中国語の入っている本は失礼かとも思ったのですが、孤児院等に寄付させていただきました。

可愛らしいお礼のお手紙をたくさんいただいて、うれしかったです。

また知人にもよろこんでもらえました。

パレードブックス公式サイト 他の出版体験談も>>

パレードブックスについて

アットホームな会社です。

恵比寿にありましたが、今は、引っ越しました。

ずぶのしろうとの私の話を、親切に聞いてくださいました。

また、いいことだけを言う営業トークも、ありませんでした。

女性だけの会社のせいか、雰囲気も、ゆったりしていました。

みなさんの、本に対する熱い思いも、しっかりと伝わってきます。

また、アフターフォローも、万全です。

まさに、痒い所に手が届くといった感じです。

電話での応対も、スムーズでした。

今後も、自費出版を考えていますが、そのときも、パレードにお願いする予定です。

悪かったところが、何もなかった会社だからです。

 - 出版体験談・エピソード, パレードブックスー体験談 , ,