本出版ガイド

本出版の方法 持ち込み商業出版 自費出版 どれくらい儲かるのか?出版社の情報から書き方までまとめました!

オーストラリアでの自転車横断経験を本として出版してみた

Pocket

自転車でオーストラリアを横断する。

そんな稀有な挑戦をした体験を、せっかくなら紙の本という形で多くの方に読んで貰いたいと思い、新風舎さんにて自費出版することにしました。

掛かった費用は80万円でした。

元々文章力には自信があったのですが、そこはやはり素人で、担当の編集さんからダメ出しの嵐を食らいました。

しかし努力の末、数か月で何とか出版。初版は500部で増刷されたら印税(定価の7%)が入るという契約でした。

売れゆき自体はさほど悪くなかったと思います。

当時はAmazonが登場したばかりのころで、毎日順位を確認していましたが、旅行記のジャンルでは1日だけトップになったこともあったくらいです。

この調子でいけばなんとか増刷されるかな、と期待してたんですが、あにはからんや、タイミングが悪く、新風舎が倒産してしまいまったのでした。

私の本も恐らく500部は売り切ったと思うのですが、倒産のために増刷されることはありませんでした。

■出版した本はこちら:

旅行記出版で苦労したこと:

旅行記だからと写真をいっぱい載せたかったのですが、出版社の方と交渉をしたものの、写真はお金がかさむので3枚までになりました。

そのため、数百枚ある写真から3枚を厳選するのがかなり難しかったです。

出版後のお話 〜

ただ、出版後しばらくはちょっとした有名人になりました。

地元のラジオに3回、テレビに1回呼ばれ、オーストラリア自転車横断旅の体験談を話させて頂きました。

尤も、その後出版元が倒産してしまったこともあり、初版の売り切れと共にどこからもお声がかからなくなってしまい残念でした。

その後しばらくして、アマゾンで私の本が定価の数倍の価格で売りに出されているのを見たときは、ちょっと嬉しかったです。(絶版本のため希少価値があったようです)

出版してからかなり時間がたった現在でも、いまだにアマゾンでは私の本が定価より高い価格で売られています。

 - 出版体験談・エピソード , , , ,