本出版ガイド

本出版の方法 持ち込み商業出版 自費出版 どれくらい儲かるのか?出版社の情報から書き方までまとめました!

湧き上がる熱を抑えられず2次創作同人誌を製作し自費出版してみた

Pocket

とある作品を見て「俺も本を出したい」と心の奥底から熱がせり上がって来て、どうしようもなくなったことが出版した動機です。

そして同人誌を作ったことがある友人の力を借りつつ、自分の湧き上がる熱を発散するべく作品を書き上げ、それから2ヶ月ほどかけて出版まで辿り着きました。

私の出版は自費出版でしたが、1回発刊をしてみたら要領を掴むことが出来ましたので、以降も2度ほど自費出版を行なっています。

株式会社栄光を自費出版時には利用させて頂きました。

初めて利用させて頂いた際、何度もデータ入稿ミスをした私に対し、栄光の担当様は懇切丁寧に対応してくださり、本当に頭が上がりませんでした。

慣れない出版は大変だったが、出版時の喜びは半端ない:

始めは紙質、重さ、加工の言葉がまるでわからなかったため調べることにとても時間を費やしてしまいました。

そのため、初めての自費出版は2冊目の2倍ほどの時間がかかり、一番大変な点でした。

良かった点としては、発刊後は同人誌即売会で販売したのですが、直接手に取っていただけたり、内容の感想をいただけたことが今までにない体験で嬉しかったです。

自費出版は想像よりも苦労が多かったのですが、その苦労が一瞬で報われるほどの喜びでした。

どんなジャンルでも、自分が思うよりもニーズがあることも学べましたし、経験としてはとても大きいものとなりました。

また熱が湧き上がるほどの執筆欲が湧き出てきた時は、出版してみたいと思っています。

 - 出版体験談・エピソード , ,