本出版ガイド

本出版の方法 持ち込み商業出版 自費出版 どれくらい儲かるのか?出版社の情報から書き方までまとめました!

三恵社でeコマース関連のビジネス本を自費出版しました。

Pocket

元々eコマースの仕事をしており、仕事を通して体感した経験や知識を本で出版したら売れるのではないかと思っていました。

知り合いのecommerce会社社長の方も自己啓発や貿易業務の本を自費出版していたということもあり、興味を持ったので踏み出してみました。

こちらの三恵社さんとの出会いは、その知り合いの社長からの紹介でお手伝いしていただくことになり、円滑な出版までの流れから経験豊富な方達なのが伝わってきました。

実際初めて本を出版してみると、想像を下回る売れ行きになってしまいました。

やはりeコマースに詳しいことと、人が読みたい本を執筆する能力があることは別物なんだなと、自分の考えの甘さを痛感しました。

eコマースの本を執筆する上で〜

eコマースの本ということで内容の専門性には特にこだわりました。

実際にその本一つでeコマースにおいての知識を満遍なく学ぶことができ、尚且つ少し違う角度からの情報も入れるようにすることで興味を持ってもらえるようにしました。

元々私が仕事で携わっていた時に身についた知識を本にした形なので、あまり大変と感じることはありませんでしたが、細かい輸入業務においてのルールなどの記載には少し苦労しました。

出版後の結果としては、最初はかなり伸び悩み失敗に終わったと思いましたが、私がブログやSEO対策などを通して少しマーケティングなどをしたこともあり、最終的には売れ行きを立て直すことができました。

三恵社について〜

知り合いのeコマース業の社長からの紹介ということもあってか、悪いところは特にありませんでした。

紹介ではなく、個人的に訪れていた場合でもきっと悪いと感じるような点はないと思います。

三恵社のスタッフの方達の対応は良く、私が出版に関しては無知な点を全てカバーしてもらえたと思います。

緻密な打ち合わせや相談を繰り返して、私やお客さんの状況に合わせて柔軟に対応してくださる姿勢から、おすすめ出来る出版社だと感じました。

 - 出版体験談・エピソード , , ,