本出版ガイド

本出版の方法 持ち込み商業出版 自費出版 どれくらい儲かるのか?出版社の情報から書き方までまとめました!

自費出版本は本当に有名書店に書店流通するのか?出版書籍の5つの販売ルート解説と出版書籍を有名書店に流通させる方法について

Pocket

自費出版の書籍は本当に有名書店に流通可能なのか?

自費出版本の書店流通については疑問を持っている方は多いと思います。

■自費出版をする方が書店流通に関し持つ疑問:

– 自分の本は有名書店に確実に置かれるの?
– 宣伝や販促(販売促進活動)はちゃんとやってもらえるの?

端的に結論だけ言うと、下記の通りです。

■結論:

有名書店に置かれるかどうかは取次会社次第。出版社の営業努力と力関係次第で可能性は多少上がる。商業出版か自費出版かはそこまで関係ない。
宣伝や販促をちゃんとやってくれるかは出版社次第。契約内容及び出版実績を確認しよう。

上記を理解するためには、書店流通に関する背景知識を理解する必要があります。

この内容を知ることで、皆さんの出版社選びの判断基準を作ることにも繋がりますので、以下読み進めてみてください。

出版した書籍は以下の5つの流通ルートがある

出版した書籍には以下の5つの流通ルートがあります。

■出版した本の流通先:

①書店での販売
②ネット販売
③著者直接販売
④国会図書館への蔵書
⑤一般の図書館への蔵書

なお、このうち③の「著者直接販売」以外は、ISBNコードの取得が必要です。

*ISBNコードは書籍特定番号のことで、この13桁の番号をバーコード化して本に記載すると、一般の書店やネットでの販売が可能となります。

参考:出版後の本の流通ルートまとめ

流通ルートその1:書店での販売

書店での販売を希望する場合、以下のどれかの流れに乗る必要があります。

①委託販売:
大手取次提供の物流ネットワークを利用し、日本全国の大手書店へと配本してもらう流れです。

発売日に書店の店頭に一定数が陳列されるため、本の存在を沢山の人にアピール可能となりますが、あなたの本をどこの書店に何冊配本するかは取次会社が決めるため、取次会社に「これは売れる!」と思わせる本を書く必要があります

なお補足ですが、取次会社は配本数や配本先を「書籍の見本」を元に決めるため、取次会社に見本を納品する必要があります。

②書店への販促:

出版社に依頼し、書店にFAXやDMを送付して営業をしてもらう流れです。場合によっては書店へ足を運んでもらい直接営業をしてもらうこともあります。なおその結果、全国の書店から注文があった場合、出版社から書店に書籍を送付することで書店に書籍が並びます。

参考:実際に出版した本は書店でどのように陳列されるのか?「棚差し」「平置き」とは?
参考:著者が自ら行う書店への営業は有効か?

流通ルートその2:ネット販売

Amazon楽天などのネットショップへの出品による販売です。

基本的にネットショップはAmazon一強なので、Amazonだけに出品すれば十分でしょう。

これはISBNコードさえ取ればハードルは高くありません。

また出版社によっては出版社の公式ページで販売する場合もあります。

参考:初心者作家に必須の小説の書き方準備の基本 おすすめ書籍も紹介!

流通ルートその3:著者直接販売

著者公式ページでの販売や、著者開催のセミナーなどでの販売です。

サイン会での販売もこれに当たります。

著者がビジネス本を出してセミナーをするケースなどは意外と多く、出版する本の性質次第ではこのパターンで数百冊を売り上げることもあります。

参考:コスパ最強!トップ1%の成功者が行うブランディング出版・企業出版(カスタム出版)とは?各社の比較表とオススメ出版社も紹介!

流通ルートその4:国会図書館への献本

国立国会図書館法という法律により、日本では基本的に国内で発行された全ての出版物を国会図書館に納入することが義務付けられています。(納本制度)

従って、皆さんが出版した本はしっかりと国会図書館に保存されることになります。

参考:図書館は本の販売を妨げているのか?

流通ルートその5:図書館への販促

全国の公共図書館や学校図書館と連携した企業として「図書館流通センター(TRC)」があります。

この企業が購入を決めると、多数の図書館に納品するため大量の本を購入してくれます。見逃しがちですが、図書館流通センターへの販促は意外と侮ってはいけないのです。

参考:なぜ普通の人こそ出版すべきなのか?ほとんどの人が出版を諦める理由:

自費出版の書籍は本当に有名書店に並ぶのか?

ここまで書籍流通の仕組みを見てきて分かったかと思いますが、書籍が有名書店に並ぶかどうかは商業出版・自費出版に関わらず、取次会社と出版社次第と言えます。

改めて説明すると、書店に並んでいる本は全て以下の2通りのルートより仕入れられた本です。

■書店に並んでいる本の仕入れルート:

①取次会社(卸業者)から配本された書籍
②書店が出版社に直接注文を掛けて仕入れたした書籍

書店に配本されている本のほとんどは「①取次会社(卸業者)経由」のルートにて仕入れられます。

既に説明の通り、書籍をどの書店にどれくらい配本するのかは、取次会社に決定権があります。

従って出版社が取次書店に「この書籍は大手書店に配本してください」と言ったところで、取次会社が聞き入れなければ有名書店には並びません。

その意味でも、ある程度大手の出版社で書籍を出版しておくことが望ましいです。

出版社が取次会社に対する発言力を持っている場合、取次会社も出版社に配慮して大手書店に配本してくれる可能性が上がります。

参考:出版取次とは?出版取次の具体的な事業・業務内容を分かりやすく説明します

次に「②書店が出版社に直接注文を掛けて仕入れるケース」ですが、これは「この本は売れるだろうから書店に置きたい!」と有名書店のオーナーや店員が判断することによってあなたの本は有名書店に並びます。

出版社に書店への販促(FAXやDMの送付、書店への直接営業)をしてもらうことは出来ますが、結局のところ本を注文するかどうかを判断するのは書店側。

出来ることといえば、販売促進活動や宣伝に秀でている出版社を選ぶことくらいでしょうか。

自費出版で言えば、自費出版の販売実績やベストセラー実績が多い出版社を選ぶと良さそうです。(文芸社クロスメディアマーケティングなど)

*補足:
ちなみに「書店法人別売上」はざっくり以下の通りです。

下記の書店に配本出来る可能性が高いかどうかを基準に出版社を選ぶと良さそうです。

■書店法人別売上ランキング(東洋経済新報社のデータによる):

①紀伊國屋書店
②ジュンク堂書店
③丸善書店
④くまざわ書店
⑤三省堂書店
⑥ブックファースト
⑦文教堂書店
⑧有隣堂
⑨TSUTAYA
⑩八重洲ブックセンター

参考:本出版希望者必見!出版社の仕事を編集者が解説します その1

出版にかかるおおよその費用の割合は?

参考までにこちらも見ていきましょう。

というのは、流通の形態によっては一部の経費を削減出来る可能性があるからです。

ここを理解しておくと、悪質な出版社に不要な費用を請求されるリスクを回避することが出来ます。

本の単価にもよりますが、1冊を1,500円とした際の大体の費用の割合は以下の通りです。

■出版費用における大体の各経費の割合:
・著者印税 10%
・出版社収益(出版経費、本の保管料含む) 40% *自費出版の場合はここも著者印税になります。
・書店及び取次の収益 40%
・書籍配送料 10%

ここから分かる通り、取次や書店を通さない販売形態であれば著者印税を大きくするよう出版社と交渉可能です。(例えばAmazonでのみ販売すれば取次費用が掛らず著者の収益率は上がります)

この辺りの知識も是非頭に入れて出版社と会話をするようにしましょう。

参考:出版社にあなたの本を出したいと思わせる方法>>

 - 執筆出版ノウハウ集, 出版Q&A・コラム , ,